今日も歩いて食べてます。


by atika112
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:dramania( 16 )

武士の一分

 もやもやすることがあり映画でもと思い、「武士の一分」を鑑賞してきました。

 ストーリーは非常に分かりやすく、それを食い足りないと思う方もいらっしゃるかもしれません。それでも、キムタクの美しさと、檀れいの麗しさにうっとりし、笹野高史のあたたかさに微笑みながら、2時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 特に、武士の一分を果たすためにキムタクが修練し始めてからの後半は、涙がとまりません。そのおかげか、エステ後のようなすっきりした顔になって映画館を後にしました。

 山田洋次監督の数ある作品の中では、「学校」を繰り返し見ました。
 今の仕事を志すようになった、きっかけの1つとなった映画でした。
[PR]
by atika112 | 2006-12-01 23:22 | dramania
 今期は忙しくてドラマどころじゃないな、と思ってたのですが、
 前期に比べて、逸品ぞろいで、ついつい見てしまっています。

  【今日の逸材】 デューク更家
  【今日近所で見た有名人】峰岸徹

おススメドラマは・・・
[PR]
by atika112 | 2005-11-04 09:35 | dramania
これまで日本に入ってきていたラブ・ストーリーとは
違ったタイプの韓流ドラマなんでしょう。
少し硬質のつくりです。
色鮮やかな宮廷料理の数々も必見です。

おススメ韓国料理店は?

詳しくは
[PR]
by atika112 | 2005-10-10 16:59 | dramania

重松清「きよしこ」

好きな作家の一人。
彼の、いろんな作品を読んできた。書評も書いた。
でも、彼が吃音(「どもり」)とは知らなかった。

日本のガッコは厳しい。
ちょっとしたことがいじめの標的になる。
少し世代が違うとは言え、結構厳しい少年時代だったろう。

「きよしこ」
誰かというより、吃音の少年とその母親に対するメッセージから始まる物語。
とても「個人的な」物語。

小説・詩全般 - 小説・詩

[PR]
by atika112 | 2005-09-22 10:30 | dramania

「夏の香り」

最後まで、青々とした緑がまぶしいドラマだった。

頭が痛くなるほど涙を流す韓流ドラマとは少し様子が違って、
どこか爽やかさが残るのは、緑の効果だったのかもしれない。

エンディングの最後の最後まで楽しませてくれるのは
「冬のソナタ」に引けを取らない。

冬ソナよりも劇的(劇画的?)なストーリーではない分、
落ち着いて見ることができた。

ただちょっと、新しいドラマの割に
ファッションは・・・

ヨンさまに隠れてしまったヒロインの魅力も
このドラマでどうぞ。

その他 - 韓流

[PR]
by atika112 | 2005-09-16 21:32 | dramania
いつのまにか「夏の香り」始まってました。

例によって、マレーシアで少し見てたのですが
帰国が迫っていて、のんびり見ることができなかった
韓国ドラマです。

冬のソナタの監督さんが、夏をどう描くかが
楽しみです。

全編のテーマカラーはグリーンみたいですね。


そうそう、もうすぐ終わってしまう今クールのドラマで
おもしろかったのは、

「電車男」、「女系家族」、「スローダンス」あたりでしょうか。
意外によかったのは、「大人の夏休み」、「ドラゴン桜」、「幸せになりたい」。
館長の影響で、「義経」も見てます。

ドラマ三昧で読書をあんまりしない夏でした。

教えちゃいます!私の「マイブーム」

ランキングオンライン

[PR]
by atika112 | 2005-09-08 10:40 | dramania

さよならcolor

「結婚は自己犠牲だ」と父に言われた。
私にその言葉の意味はまだよく分からない。

ただ、この人は、私に安らぎをくれる人だと思い、
私は、この人に楽しい人生をあげられると思った。
それで、夫と結婚した。

件の言葉を発した父に答えを返せるとしたら、
そういうことだけだ。

さよならcolor―究極の自己犠牲の恋物語。
ちょっと、気持ち悪いぐらい、おかしいぐらいの。

父の言葉を、改めて思い出させた。

この夏、感動した映画は?
[PR]
by atika112 | 2005-08-17 21:52 | dramania
というのは、かもちゃんの母校で
おそらく今でも使われてる掛け声。

田中麗奈主演で映画になった時も驚いたけど、
今度は、ドラマ(鈴木杏主演、火曜10時、CX)、だ。


このドラマは、女子ボート部にまつわるエピソードで構成されている。
そして、このドラマを見て思い出すのは
ボートレース大会。

毎年1回、クラス対抗で開催される
稀有な大会なのだ。

ボートって普通クラス対抗で素人が競うものじゃないよな、と思いつつ、
3年連続出場してた。

結果は忘れた。
けれど、ボートレース大会会場の海と、高校とのちょうど真ん中に
実家があったので、いつも帰りがけに仲良し5~6人とつるんで
実家で遊んでた。

そうそう、カキ氷大会をして。

最初こそ、カキ氷の上に、
普通のシロップやジュースをかけるのだけど、
その内、ヨーグルト、アイスになって
しまいには、シーチキンやさばの缶詰なんてのをかけたりしてた。

ちょっと懐かしい思い出。

その仲間の一人が、今週末結婚して、ロンドンに永住してしまう。

高校の先生をして「コインの裏表みたい」と言わしめた
私たち2人。

といっても、いっつも2人でいるような友人ではなかったのだけど、
「コインの裏表・・・」と言われるのも分かるような
全く似ていないのだけど、どこか似ている2人で、
大事な友達だ。
[PR]
by atika112 | 2005-07-13 10:32 | dramania
読んだ。
感想は後日。多分。
[PR]
by atika112 | 2005-07-03 23:15 | dramania
を、今年の目標とすることにしました。

More
[PR]
by atika112 | 2005-05-28 00:18 | dramania